ロゴ
HOME>イチオシ情報>高額な矯正治療費は保険を使って賢く節約しよう!

高額な矯正治療費は保険を使って賢く節約しよう!

口

矯正歯科治療で保険が適用される条件

歯並びは肩こりの原因になるなど、見た目だけではなく健康にも影響を与えることがあります。コンプレックスに感じているという人もいます。そんな時には歯科医に相談をして矯正を受けてみるとよいでしょう。矯正というと高額医療費を支払うことになってしまうので、経済的に余裕がある人しか受けることができないと考えられています。しかし場合によっては保険適用で施術を受けることができます。例えば、事故などで歯にダメージを受けてしまった場合、それは保険での対応ができるので、自費で支払わなければいけないという例から外れています。他にも子供の頃に噛み合わせなど健康に影響が出そうだと判断された場合には、適用をなることもあります。

歯型

保険診療を行う際の注意点

一般的には自費での治療になる歯科矯正ですが、保険適用と判断された場合に証明書の提出を求められることもあります。事故などの場合によくありますが、歯並びを治療しなければいけないともなった時にその原因となった事故に関する診断書を提出しなければいけないことがあります。事故でもないのに事故ということで診療報酬を詐称してしまうことを防止するためです。健康に影響をしないと判断されれば、それはコンプレックスの解消ということになるので、保険適用外となってしまいます。確かに必要な治療なのかどうか、というところも確認しなければいけないので、診断書の提出をしなければいけません。歯科医院によっても提出しなければいけないものは違ってくることがあります。